こがねいろのエアブラシ

任天堂ゲームが好きで、繰り返し遊んで完全にクリアするまで納得できないゲーマーです。(ゲームを中心に書いていきます。)

スプラトゥーン2 ヒーローモード 全ボス攻略編

【注意】この記事はネタバレを含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スプラトゥーン2の全ボスの攻略です。

おまけに私の最高クリアタイムを載せておきます。

 

 

 

 

 

1面 アシサキ前線基地  タコツボベーカリー (最高タイム シューター 1:42)

ブキチがいないので、1回目は強制的にレベル1のシューター+スプラッシュボムのみになります。2回目以降は自由です。

 

ボスが出現すると、プレイヤーに一番近いパンが飛び出します。2回飛び出した後は、全てのパンが飛び出し足場になるので、パンが戻っていかないうちにボスの上にあるタコ足を倒します。

次のターンからは塗れる面積が狭くなっていきますが、やる事は同じです。

3回目にコーティングの機械を出してグルグル回りますが、プレイヤーのいる位置によって反対に回ってきたりします。一周する前に機械はしまいます。

 

インク内で待機したままだと、電源オフモードになります。

 

 

 

2面 キューバン展望台 タコツボザムライ (最高タイム シューター 0:45)

1回目はブキチからヒーローローラーが渡されます。インクを塗っていかないと、逃げ場がなくなるので敵が攻撃してこないときに塗るのがオススメ。

 

ローラー型のブキでプレイヤーにインクを浴びせてきます。

ボスにある程度ダメージを与えると、怯んで後ろに下がります。同時にボスの攻撃もキャンセルされるので、慣れている方はかわさずに攻撃しても良いかも。

隙をみてインクを当て続ければ、タコ足がでてきます。次のターンからローラーを変形させて遠くまでインクを浴びせてきます。最後のターンでは、一直線上にどこまでも届くようになります。

攻撃する際に目が光ったときは回転切りをしてきます。少しわかりにくいので、戦いに自信が無いなら常に距離をとってダメージを与えた方が安全です。

ジャンプからの攻撃をすれば少し遠くに届くので、倒しやすくなると思います。

 

カーリングボムを使いこなすと1分掛からない程の速さで瞬殺できます。私の記録もやや遅い方。

 

インク内で待機したままだと、土俵のふちをクルクル回ります。イカのインクに入っても、気合いで一輪車を漕いで移動します。

 

 

3面 ロウト配達センター タコツボックス (最高タイム シューター 1:17)

まさかの無印の1面で出たボスがこんなところに。

 

1回目は無印と同様、スタンプしたところをかわし、側面を登ってタコ足を打ちます。

2回目からは全体をクッション(保冷するアレ)で隠され、「タコツボックス・クール」になります。顔の真ん中についている留め具を攻撃すれば、クッションを外すことができます。

3回目は顔パーツが増え、攻撃が避けにくくなります。ある程度の射程があるブキならば、下の段差を利用して留め具を攻撃することもできます。

ダッシュしてからスタンプ攻撃をしてくるので、かなり離れた距離でチャンスタイムに入ることも。

 

インク内で待機したままだと、ステージのふちをクルクル回ります。イカのインクも難なく歩くので、美脚を眺めることも可能です。

 

 

 

4面 ツケネ訓練所 タコツボビバノン (最高タイム スロッシャー 1:27)

風呂でよく見かける物の集合体みたいなボス。ブキチのリクエストで1回目はチャージャーになります。

 

上で引っ張っているタコプターを高台から全て撃ち落とすと、タコ足が出ます。シャンプーハットは滑りやすいので注意。

2回目はタコプターが一匹増え、スピナーを使ってくるようになります。シャワーを出しながら突進することもあるので、左右に避けられるように。

3回目はタコプターがスライドするようになり、ハイパープレッサーを使ってくるようになります。ボスの移動が増えますが、一回移動したらしばらく移動しないので、チャージャー以外の近距離ブキを使っているイカは粘るしかない。

ライドレールに乗って攻撃しようとすると、ボスが押して来てステージ外に落下する事があったので、ジャンプでかわすことをお勧めします。前述通り滑りますが、シャンプーハットに乗って攻撃する事もできます。

 

インク内で待機したままだと、中心のモニュメントをインクを垂らしながらクルクル回ります。

 

 

 

5面 トーブ中枢司令部 (ラスボス) タコツボキング A-MIX (最高タイム シューター 5:15)

アオリを洗脳させた黒幕、「タコツボキング」とのバトルです。1回目はシューターで戦うので、シューターをレベル3にしておくと楽です。

 

こちらも無印同様 手を打ち返しますが、グルグルパンチは打ち返すことができず、巨大な三個のスプラッシュボムやシャワー突進を使ってきます。手にインクを少しでも当てておくと、ダメージが残るので積極的に当てましょう。今作では、手は地面に着いていても打ち返せるようになっています。

数回手を打ち返すとDJタコワサが飛び出てチャンスタイムになります。

 

2回目は飛び上がって手を打ち出してきます。ボムはキューバンボム二個。タコヤキも投げてくるようになり、放っておくとトルネード状にインクがでてきます。

 

3回目からはグルグルパンチの割合が増え、ボムがスプラッシュボム、もしくはキューバンボムになります。タコヤキを投げてからすぐ行動してくるので注意。

 

4回目からはブキチからガチホコを渡されます。

タコワサが上へ逃げるので、スーパージャンプでライドレール上でバトルになります。今まで同様 手を打ち返します。グルグルパンチも使ってくるのでジャンプで回避。ガチホコインクでパンチを打ち返すまで時間が少しかかるので、プレイヤーに当たりそうなら隣のレールに乗る、ジャンプで回避をしないとダメージを受けます。8回手を打ち返すとタコワサが機械ごと地面に落ちるので、一番内側に出現したレールに乗ったまま最後まで行くとクリアです。

 

ちなみにこの時出てくるフェストラックは、どんな方向を向いても画面内に入り込んできます。タコワサの乗り物が移動先にあった場合は上を乗り越えてきます。

タコワサが乗り物から飛び出してきたときは撃ち返す制限時間が無いので、いつまでも突き刺さっています。乗り物と逆方向に打ち返しても、謎引力で乗り物に帰っていきます。

 

 

テンタクルズの臨時ニュースの後にシオカラーズの新曲「あさってColor」と共にエンディングが観れます。ZRでインク Rでクイックボムが出ます。全ての絵をきっちり見たい方は、クイックボムの使用をお勧めします。無印とやや違い、インクの色は虹色ですが、塗れたインクの色は変わりません。最後のインクの色は、アオリのピンク、ホタルの緑の固定です。

ヒーロー装備一式も貰えます。

 

クリア後は、DJタコワサは最初のステージに待機。テレビも設置され、エンディングが聞き放題です。

 

ちなみにクリア後のアオリは、楽屋のサングラスと取り替えられて洗脳させられるらしいです。